農家で、やる気のある方大募集


by vybxrnqpun

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 茨城県牛久市の東日本入国管理センターで外国人収容者が待遇改善を訴えてハンガーストライキをしていた問題で、センターは25日、ハンスト参加者がいなくなったことを明らかにした。

 センターは19日、支援団体との話し合いで「長期収容は好ましくない」と発言し、待遇改善を検討する姿勢をみせた。支援団体発表で70人が10日からハンストをしたが、25日夕に最後に残った1人が食事をしたという。

【関連ニュース】
入管:収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から
ハンスト:茨城・東日本入管センターの収容者、待遇改善訴え−−10日から

八街殺人放火、47歳ストーカー男と長女逮捕へ(読売新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
長嶋さん「多摩川の母」に別れ…おでん店女将通夜に巨人OB多数(スポーツ報知)
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕―奈良県警(時事通信)
[PR]
by vybxrnqpun | 2010-05-28 21:24
 宮崎県で口蹄(こうてい)疫が拡大している問題で、農林水産省は19日、発生地から半径10キロ圏内の家畜すべてにワクチンを接種した上で殺処分するなどの方針を固めた。午後発表する。

 これまでの殺処分は家畜伝染病予防法に基づき、感染の疑いのある家畜と、同じ畜舎の家畜が殺処分の対象だった。だが、発生拡大が衰えないことなどから、発生が集中する一定地域の家畜をすべて処分することで、他地域との緩衝地帯をつくることがねらい。

 この日朝、赤松広隆農水相は報道陣に「限られた地域の中で7割方が感染している。(感染疑いのない)残り3割も事実上感染していると理解してもいい」と述べ、現行法でも殺処分が実施できるとの考えを示した。

 方針では、発生地から半径10キロ圏内では口蹄疫の症状を抑えるワクチンを接種し感染の拡大を抑えつつ、計画的に殺処分を進める。また、半径10〜20キロ圏内では家畜を食肉加工した上で、独立行政法人「農畜産業振興機構」が買い取ることを計画している。

 殺処分対象の牛や豚はこれまでに計約11万8千頭。農水省は発生が集中している地域で新たに計約13万5千頭が対象になるとみている。

最主力のアルツが9%の伸長−科研製薬(医療介護CBニュース)
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)
<スペースシャトル>行方不明の植物の種子 依然発見できず(毎日新聞)
口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)
小沢氏を事情聴取=起訴相当受け、3回目―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
[PR]
by vybxrnqpun | 2010-05-20 13:27
 事業拡大名目で知人から融資金約3800万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われ、一審奈良地裁で無罪判決を受けた会社社長の酒井憲雄元大和郡山市議(63)について、奈良地検は6日までに控訴を断念した。控訴期限の7日午前零時に無罪が確定した。
 同地検の徳久正次席検事は「上級庁との協議の結果、一審判決を覆す証拠を見いだすことが困難と判断した」としている。 

普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
JR総連内に革マル派浸透(産経新聞)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
<JR中央線>衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休(毎日新聞)
[PR]
by vybxrnqpun | 2010-05-13 02:09