農家で、やる気のある方大募集


by vybxrnqpun

刑訴法改正で時効撤廃 閣議決定(産経新聞)

 政府は12日午前の閣議で、殺人など死刑に相当する罪の公訴時効を撤廃し、人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長することを定めた刑事訴訟法改正案を決定した。今国会で成立させ、6月中の施行を目指す。

 改正案は、殺人や強盗殺人など最高刑が死刑の罪の時効(現行25年)を撤廃。最高刑が無期懲役以下の罪の時効は(1)強姦(ごうかん)致死罪などが30年(同15年)(2)傷害致死罪などが20年(同10年)(3)業務上過失致死罪などが10年(同5年)−に延長される。時効の撤廃・延長は、犯罪被害者や家族らの強い要望を踏まえた措置で、時効が成立していない過去の事件にも適用される。政府はまた、刑確定者が逃走した場合、一定期間後に刑の執行を免除する制度を見直した刑法改正案も決定した。

<文京区長育休>ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
内閣改造発言に官房長官が不快感=菅氏「不要」、前原氏は「首相判断」(時事通信)
スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任(レスポンス)
<抑留議連>抑留者への特別給付金支給 今国会で成立目指す(毎日新聞)
<郵便不正>障害者団体の元幹部、起訴内容認める(毎日新聞)
[PR]
by vybxrnqpun | 2010-03-16 12:45